使用する自転車について


いろいろな自転車をご紹介いたします。
自転車は使う用途によっていろんな種類があります。
早く走ることだけを追求した自転車は、その時代の最先端の技術を結集して作られますが、乗り易さや扱い易さは犠牲になっています。
扱い易さを追求すれば、走る機能は制限されることになり、あちらを立てればこちらが立たず、使用目的によって必要な部分を取り入れ必要としない機能は制限するように設計されています。
それぞれの自転車の特徴とバイコロビクスに向いているかいないか検証します。

ロードレーサー
整備された道路でいかに早く走るかを追及した究極の自転車 。バイコロビクスには不向きだが、スタミナ増強プログラムならば使用可
マウンテンバイク
道を選ばずにどこでも走れるように設計された自転車 。サイズの調整幅が広く最適なポジションを出し易いので適している。
ツーリング車
スピードよりも耐久性と乗り心地の良さ、荷物の搭載スペースなどを考えた自転車 。装備を外して軽装にすればOKだが、今となってはこの手の自転車を所有している人がどれほど居るかは疑問。
ストリート
ロードの軽快性とマウンテンバイクの機動性を兼ね合せた自転車でクロスバイクとも言う 。三点調整法でのサイズ合わせがやり易く、自転車自体も扱い易いので、バイコロビクスに一番適しているのがこの種類の自転車。
BMX
ハッキリ言って向いていません。この種の自転車のサドルはバランスをとる為にあり、座る為に付いているのではありません。
リカンベント
歩くような自然な姿勢で自転車にのれるように開発された、快適な自転車。勿論バイコロビクスもOKです。
シティサイクル
一番多く見られるタイプの自転車です。三点調整法のサイズ合わせがやり易いので、適しています。
ファミリーサイクル
いわゆる、ママチャリです。ハンドル位置があまり高くない自転車ならば、サドルを適正位置に調整することでOKです。
実用車
ご年配でこのタイプを愛用されている方が結構おられます。やれない事はありませんが、向いてはいません。
小径ホールディング車
折りたたみ式で手軽に持ち運べるうえ、置き場所に困らず最近人気急上昇。サイズさえ体に合えばこれでも出来ます。
電動アシスト車
モーターの補助があるのでバイコロビクス向きではありません。
モーターを切って走ればいいのですが、車重が重くてあまりお薦めできません。
エアロバイク
雨の日でも天候に左右されずに運動出来る室内自転車も大変便利です


■体に合った自転車の選び方■

体に合った自転車を選ぶといっても、現実問題として何種類もサイズを用意している自転車は、右下のロードタイプの自転車くらいのものでファミリーサイクルでは選べません。
もし体に合わない自転車でバイコロビクスを行おうとすると、体に苦痛を伴うばかりでなく運転操作に危険が生ずることもありますので、よくチェックしてください。

ここではロードタイプの自転車を中心に選ぶポイントを挙げてみます。
一番大切なことは体に合ったフレームサイズを選ぶことです。股下ー25cmが適正フレームサイズです。

昔はダイヤモンド型のフレームしかありませんでしたのでこの方程式が有効だったのですが、最近のロードレーサーは多種多様な種類があり、特に今はスローピングフレームが主流になっているのでその場合はこの方程式はあてはまりません。
ですから体に合ったフレームサイズを選ぶ方法としては、メーカーが推奨している身長に合ったサイズを選ぶことです。
そしてもっと正確に適正サイズを求めたいならばお店で実際にまたがってバランスのよいサイズを選びましょう。
そしてサドルの高さをあなたの股下サイズにピッタリ合った適正な位置にあわせます。
股下とサドルの高さの関係には公式があります。
股下x0.875 の係数をあてはめます。
たとえば股下が80cmの人は
80x0.875=70cm
となります。
ですから右の青い線の寸法が(ボトムブラケット中心からサドルの上面までの距離)70cmが適正サイズとなります。



ハンドルまでの距離はステムの(ハンドルポスト)長さを交換することで対応できます。
ファミリーサイクルの場合、サドルが高く上げられることと、ハンドル位置がサドルから出来るだけ離れていて高さも低く出来るものを選べば、三点調整 で適正なポジションが出し易いです。


青い線がサドル高さの寸法になります。

 

■三点調整法■

三点調整法とは左図の黄色い三か所の点の位置を適正な位置に調整する方法をいいます。
ハンドルの高さは一般的なシティサイクルの場合、サドルの高さより
5cmくらい高くします。
ロードレーサーのようなスポーツ車の場合は別で、ハンドル高さはサドルの高さより低くなるケースが多いです。さらにハンドルとサドルの距離を調整するために、ハンドルステム(ハンドルポスト)の長さを自分の体に合った寸法のものに交換して調整します。
一般車の場合はそこまでの調整は出来ませんが、どちらにしても一番重要なのはサドルの高さです。
足の親指の付け根でペダルを踏むと一番効率よく力が加わります。
そしてペダルが一番下にきた時に、軽く膝が曲がるくらい、つまり膝が伸びきらない程度にサドルを上げます。
ここまでサドルを上げられない自転車はあなたにとって、小さいサイズの自転車といえます。
ただし現実的な問題として、身長が180cm近くある人はシティサイクルや一般車を選ぶさい、どうしても体に対して自転車のサイズは小さくなってしまい、適正なサイズはないのが現状です。



調



サドルの位置の調整

 

上下位置 下半身筋肉群効果 → 疲労防止
体重負担 → おしりの痛み防止
前後位置 下半身筋肉群出力  出力増大
ニギリの位置の調整 上下位置 上半身筋肉群活用  出力増大
前後位置 ハンドル制御性  安全操縦

 

■ペダルを漕ぐ動作について■

                                                          ペダルを漕ぐと自転車が走りますが、それについて分かりやすく説明したいとおもいます。
これを読んでなぜ適正な乗車姿勢が必要なのかを理解してください。

自転車を漕ぐ動作は階段を上る動作と同じです。
まず階段を上る場合を見てみましょう。

 
片足を持ち上げて一段上に足を乗せます。
この時体の重心は後ろ足にあります。
次に体重を前足にかけるために、体の重心を前に移動したらヨイショっと立ち上がります。
それを繰り返すことでどんどん上へ上ってゆくことができます。


つまり仕事をする接点(体を支える側の足)と、体の重心が重ならなければ移動することはできません。
自転車も同じ理屈で前へ進む訳ですが、階段を上る時と少し違うところがあります。
それはペダルを漕ぐのに全体重をかける必要が無いことと、ハンドルに摑まって漕いでいるところです。
こういう風に考えてみてください。
室内で歩くルームランナーというものがあります。
それはいくら歩いても自分は動かず、地面が移動(回転)するものです。
そのルームナンナーに階段を上るルームランナーというものがあったとします。
その場合自分は移動しないで、階段がどんどん下へ移動してゆきます。(あくまでも仮定の話しです)
ですから両脇の体を支えるバーに摑まって階段を上る動作をするならば、体重移動無しでも上ることができます。
つまりこれが自転車の行動パターンそのものなんです。


自転車の場合重心がずれていても走ることが出来ます。
理由は体が固定していて移動せず、ペダルが下に移動するからです。
そしてそれを可能にするのは、ハンドルに摑まって体を押さえ付けているからです。
しかしそれでは足、腕、おしりに過度な負担がかかり、すぐに疲れたり体が痛くなったりします。
ですから重心を前足にかけて自然にペダルに体重をかけれるようにすると、断然楽に疲れずに走れるのです。
サイクリスト達が100km、200kmと続けて走ることができるのはちゃんとした乗車姿勢を保てるサイクリング車に乗り、踏み足に重心を持ってゆくことで体重を上手に利用して走るから可能なんです。

 

こちらの女性は背筋がピンと伸びてとても姿勢が良く、模範的な乗車姿勢に見えます。
姿勢が良い人は美しく見えますね!
しかしこの姿勢では腕と足に負担がかかり、さらに体重はすべておしりにかかりますので、長く乗っているとおしりが痛くなってきます。
なぜかと言いますと、もうお分かりだとおもいますが体の重心と(赤い線)、力を入れるべきペダルと足の接点(黄色の線)がずれているからです。
 


それでは快適な姿勢で乗っている街の自転車乗りのフォームをチェックしてみましょう。

 

こちらの女性は理想的なフォームです。
姿勢に無理がありません。
重心の位置は勿論、膝の伸び具合や腕の伸び具合もとてもバランスが良く、無理なく効率的にペダルに力を伝えることができます。
○○○ 3重丸です。

自転車通学の学生さんでしょうか。
元気ハツラツ、さっそうと走っています。
シティサイクルの乗車姿勢としては大変バランスが良く、効率的なペダリングをしています。
欲をいえばもう少しハンドルの位置が前方にあると、重心が踏み足と重なり、もっと楽にペダルが漕げるのですが、シティサイクルではフレームサイズやハンドルポストの寸法を選べないのでやむ得ません。  ○○ 2重丸です。

こちらは重心の位置はまあまあなんですが、少しサドルの高さが低いので、膝が曲がったままでペダルを漕いでいる状態です。
ですから効率よくペダルに力が加わっていません。
つまりパワーロスをしているのです。
 丸1つです。

今流行の小径折りたたみ自転車です。
サドルをもっと高くして、ペダルが一番下がったときに軽く膝が伸びるように調整すれば疲れにくい楽な姿勢になります。
小径折りたたみ車でも、体に合っていれば十分使えることが分かります。
 丸1つです。

以上のように正しい姿勢で自転車に乗ることが出来れば 楽に疲れにくく行うことができます。


■空気圧のチェック■

空気圧のチェックはとっても大切なことです!

最後に空気圧のチェックを、必ず行います。

タイヤの空気圧はしっかり入れてください。
特に後輪には体重が多くかかりますので、注意が必要です。
タイヤにもよりますが、前輪で3気圧以上、後輪は4気圧以上は必要です。
親指でタイヤを軽く押しても、凹まないくらい硬くなるようにします。
空気圧が低い状態でしばらく乗っていると、タイヤのサイドがひび割れてしまい、さらに中のチューブがコード切れを起してパンクしてしまいます。
そしてなによりペダルを漕いでも、重くてしかたがありません。
古くなったり、消耗してきて空気圧をたくさん入れると、耐えられそうにないタイヤを見かけますが、しっかり空気を入れられないタイヤはすでに寿命が来ている証拠ですので、なるべく早めにタイヤ交換をしてください。


 



一つ前のページに戻る
HOMEに戻る
 

HOME
自転車でダイエット
使用する自転車について
予備テスト